鍼治療は医療費控除の対象となるのか?【葛飾区亀有の鍼灸整骨院】|亀有の整骨院、マッサージ

亀有駅前・亀有リリオ館6F(イトーヨーカドー)
  • お気軽にお問い合わせください

    0366624110

    施術中はお電話に出ることが出来ないので、留守番電話にメッセージを入れてください。こちらから折り返しご連絡させていただきます。

    • 営業時間 10:00~20:00
      ※土日祝もやっております。第二木曜休み。

    • (けやきの森 with Pure)
    • (リラクゼーションルームピュア)

ブログ

鍼治療は医療費控除の対象となるのか?【葛飾区亀有の鍼灸整骨院】

2022.05.07

『現在、鍼治療を受けているけれど自分の場合は医療費控除になるのか調べている』
『鍼治療が医療費控除の対象なのかを調べている』

このブログでは、このようなお悩みを抱えたあなたに向けて記事を書きました。

医療費控除とは?

医療費控除は、自分を含めて配偶者や同一世帯の親族の為に医療費を支払った場合、その支払った総額が一定額を超える時に、所得控除が可能となる制度になります。

1月1日~12月31日までの1年間で、家族が整形外科や小児科、内科などの病院等で支払った額が10万円を超えた場合に、所得税の控除が受けられるものです。

※総所得額によって10万円以下でも対象の可能性があります。

医療費控除の対象は?

国税庁のホームページに詳細が掲載されていますので、引用致します。

病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額が対象となります。

医療費控除の対象

●医師、歯科医師による診療や治療の対価
治療のためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価
●助産師による分べんの介助の対価
●医師等による一定の特定保健指導の対価
●介護福祉士等による喀痰吸引等の対価
●保健師や看護師、准看護師による療養上の世話の対価
●治療や療養に必要な医薬品の購入の対価
●病院、診療所又は助産所などへ収容されるための人的役務の提供の対価

控除の対象に含まれるもの(例示)

●医師等による診療等を受けるために直接必要なもので、次のような費用
○通院費
○医師等の送迎費
○入院の対価として支払う部屋代や食事代
○医療用器具の購入や賃借のための費用
○義手、義足、松葉づえ、義歯や補聴器等の購入の費用
○身体障害者福祉法などの規定により、都道府県や市町村に納付する費用のうち、医師等の診療費用などに当たるもの
○6か月以上寝たきりの人のおむつ代で、その人の治療をしている医師が発行した証明書(「おむつ使用証明書」)のあるもの
●介護保険制度の下で提供される一定の施設・居宅サービス等の対価
●左記以外で、療養上の世話を受けるために特に依頼した人に支払う療養上の世話の対価
●かぜの治療のために使用した一般的な医薬品の購入費用
●医師等の処方や指示により、医師等による診療等を受けるため直接必要なものとして購入する医薬品の購入費用
●病状からみて急を要する場合に病院に収容されるための費用

控除の対象に含まれないもの(例示)

●容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的で行った整形手術の費用
●健康診断の費用
●タクシー代(電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除きます。)
●自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金
●治療を受けるために直接必要としない、近視や遠視のための眼鏡、補聴器等の購入費用
●親族に支払う療養上の世話の対価
●疾病の予防又は健康増進のために供されるものの購入費用(疾病を予防するための予防接種やサプリメント等の費用を含みます。)
●親族などから人的役務の提供を受けたことに対し支払う謝礼
引用元:医療費控除の対象となる医療費

赤字で示しましたが、『治療の為のはり師・きゅう師などによる施術の対価』と記されていますので、鍼治療は医療費控除の対象となります。

鍼治療でも医療費控除の対象にならないケース

『治療』という言葉がキーワードとなりますが、疲れを取り除く慰安目的や体調管理の為のメンテナンス目的で鍼治療を受けている場合は、『治療に直接関係のないもの』と判断されてしまうため、このような場合は医療費控除対象外となっています。

医療費控除での注意点

  • 領収書の提出は不要となったが、5年間の保存義務が与えられるので、大事に保管しておくこと
  • 鍼灸マッサージ治療は『疲労を取り除く癒し目的や体調を整えるメンテナンス目的のものは治療に直接関係ない』と判断されt医療費控除対象外
  • 回数券を購入した場合は、1年間(1月1日~12月31日)の期間に使用した回数分を記載し、残数は翌年に計上する
  • 治療内容を忘れないように、管轄の税務署からは領収証の裏面に治療内容をメモしておくこと

これらを注意しておきましょう。また、葛飾区亀有にあるけやきの森整骨院・鍼灸院での鍼灸治療に関しては、癒しや身体のメンテナンス目的ではなく治療を目的として行っていますので、医療費控除の対象となります。

まとめ

いかがでしたか?医療費控除を受ける為には、家族を含め整形外科や内科、小児科、鍼灸院、整骨院などで支払った医療費が1年間(1月1日~12月31日)で10万円を超えている場合が条件です。
※総所得額によっては10万円以下で可能なケースもあり

この条件を満たしているなら、税務署に確定申告書を提出しましょう。そして、所得税の控除が受けられます。

葛飾区亀有にあるけやきの森整骨院・鍼灸院では慢性的な腰痛や坐骨神経痛などの症状に対して鍼治療を行っています。あなたがもし、亀有付近で鍼灸院をお探しなら一度ご相談ください。

ページトップへ戻る