【腰を反らすと痛い】腰痛で考えれる3つの原因を整体師が徹底解説|亀有の整骨院、マッサージ

亀有駅前・亀有リリオ館6F(イトーヨーカドー)
  • お気軽にお問い合わせください

    0366624110
    • 営業時間 10:00~20:00
      ※土日祝もやっております。第二木曜休み。

ブログ

【腰を反らすと痛い】腰痛で考えれる3つの原因を整体師が徹底解説

2019.02.06

「なんだか腰を反らす時に腰痛が強く出る」
「腰を反らすのはなんで痛いのかを知りたい」

この記事では、腰を反らす時に痛みが出るあなたに向けて書きました。

腰を反らすと痛いのは何故?

腰を反らすと痛い場合は、腰その物に原因があると考えませんか?そんな中で腰をマッサージしたり、腰を伸ばしたりと腰の部分を直接的にアプローチすることが多いと思います。ですが、ほとんどの腰痛の場合は腰に本当の原因が無く、別の部分が原因となって出ていることが多いのです。

簡単に言うと、他では受けられない負担が腰に乗っかってしまい痛みをだしているということです。

腰を反らす時に痛みが出ているあなたは、どの部分が原因となっていると思います?

腰を反らすと痛い腰痛の原因となる筋肉は?

腰を反らす動作では、お腹側の筋肉が伸びていないことが原因と考えれます。上手く伸びないことによって背骨や関節に対して力が加わった結果痛みを引き起こしてしまうです。ではどの筋肉が原因となりやすいのでしょうか?

大腰筋

大腰筋」と言われる腰椎から股関節の前側を通って太ももの内側に付いている筋肉です。

特に現代社会では「座る」という動作が多いので、同じ座る姿勢を続けた結果大腰筋が硬くなってしまうことが考えらえます。このような場合では、背中側の筋肉をいくら柔らかくしても腰を反らすことが出来にくい状態です。お腹側の筋肉を柔らかくすることで、背中側の負担を減らすことが出来るので痛みを軽減させることが出来ます。

腰を反らすと痛い腰痛で筋肉以外の場合は?

もちろん、腰を反らすと痛い場合は筋肉によるものだけではありません。では筋肉以外の場合ではどのようなものがあるのでしょうか?

椎間関節炎

椎間関節とは、背骨と背骨を構成する関節の事です。腰を反らすと、関節部分が狭くなり力が加わりやすくなるので痛みを引き起こしやすくなります。特に姿勢を良くさせようとして、背中に力が入りやすくなっている方に多く診られることがあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、腰の病気の一種ですが特徴として腰痛以外に「間欠性跛行」という物が見られます。間欠性跛行は、歩き出すと坐骨神経痛の症状が現れて、椅子に腰を掛けたり前かがみになって休むことによって回復するという症状を繰り返してしまう事です。特に中高年の方や肥満気味の方に多く診られます。

まとめ

反らす時に腰が痛い場合には、関節や筋肉が原因となることが多くあります。もちろんそのような場合では整骨院で対応することが可能ですが、もし脊柱管狭窄症などの症状が疑われる場合には、一度整形外科を受診してみてはいかがでしょうか?併用して整骨院で施術をすることが理想的だと考えています。

ページトップへ戻る