膝の痛みと原因、一般的な膝の痛みへの治療法と当院での治療法|亀有の整骨院、マッサージ

亀有駅前・亀有リリオ館6F(イトーヨーカドー)
  • お気軽にお問い合わせください

    0366624110
    • 営業時間 10:00~20:00
      ※土日祝もやっております。第二木曜休み。

    • (けやきの森 with Pure)
    • (リラクゼーションルームピュア)

FOR EACH SYMPTOM

各症状について

膝の痛みと原因、一般的な膝の痛みへの治療法と当院での治療法

2018.11.01

「階段を昇り降りする時に膝が痛い」

「変形性膝関節症と診断されて痛み止めや膝に溜まった水を抜き続けている」

「膝痛に詳しくてどこか良い膝の痛みを無くしてくれる治療院が無いか探している」

この症状ページはそんな膝の痛みを抱えるあなたのために書いています。

膝の痛み

慢性的な膝の痛みは特に中高年の方で、加齢とともに膝の変形が起こり、軟骨が弱くなって膝を支える周囲の筋肉が弱くなるから痛みを感じるとされています。現在ヒトというのは二足歩行となっているので当然体重もかかりますし、筋肉の硬さによる圧迫も受けてくるのです。ゲガの場合はもちろんこのようなことは当てはまらないのですが、膝の痛みが発症する原因とはどのようなものがあるのでしょう?

膝の痛みの主な原因

変形性膝関節症

膝関節の軟骨がすり減ったり、クッションの役割が低下して歩行時に膝の痛みが出る病気です。平らな道は大丈夫でも、階段で膝が痛い、正座が出来ないといった症状を引き起こします。特に中高年の女性に多く見られ、酷くなると日常生活も困難な状態になってしまいます。ですが、最近では膝の変形や軟骨がすり減って痛くなるといった常識を覆すようなデータもあります。

オスグッド病

成長期の膝の痛みで、特にバスケットボールやバレーボールといったダッシュを繰り返したり、跳躍を繰り返す様なスポーツをする子供に多いものになります。痛みは「脛骨粗面:けいこつそめん」という部分に出るのですが、大腿四頭筋という太ももの前の筋肉が硬くなってしまい、脛骨粗面についている部分を引っ張ってしまい、膝の痛みが出ると考えられています。主に筋肉の硬さや骨盤の歪み、練習量の増加がオスグッド病を引き起こす原因とされています。

膝関節半月板損傷

半月板を損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みや膝が引っかかるような感覚を感じます。酷くなってくると膝に水が溜まったり、「ロッキング」といって急に膝が動かなくなるほど膝の痛みが強くなります。主に体重が加わった状態で捻ったり、衝撃が加わることで半月板が損傷することもあるのですが、スポーツによってのケガの場合は、「前十字靭帯:ぜんじゅうじじんたい」という靭帯と合併して引き起こされることも考えられます。半月板は加齢に伴って変性してくるものなので、40歳以上では些細なケガの場合でも半月板損傷を引き起こしやすくなります。

前十字靭帯損傷

膝の痛みの治療法

一般的な治療方法はこのようなものがあります。

・痛み止めや湿布といった薬物療法

・水を抜く

・電気治療

・温熱療法

・手術

これらはあくまで対処療法にしかなりません。痛みが出てから間もない場合は上記の方法を試すことは良いでしょう。ですが長期的に行っている場合はその場しのぎになってしまうのです。対処療法とは「痛み」だけにフォーカスしているので、「原因」に対してのアプローチをしていないということです。ですから再び痛みが再発することが考えられます。あなたは上記で説明した変形性膝関節症、半月板症、膝の捻挫や挫傷を治したいのではないと思います。その出ている症状を治したいはずです。あなたの膝の症状はちゃんと改善します。
では当院ではどのような治療を行うのか説明していきます。

けやきの森整骨院での膝の痛みの治療法

初回に、どのような膝の症状なのか?どうして痛くなってしまったのか?などをお聞きして検査を行っていきます。検査の結果保険が適用・不適用を判断させていただきます。膝のゲガではない限り多くの場合は、運動習慣がない人が急に長時間歩いたり、走ったり、山登りをするといった日頃行なわない動作を膝に負担を掛けた時に起こりやすくなります。

保険治療で可能な範囲

健康保険を使用して膝の治療をする場合は基本的に対処療法となります。なぜかと言いますと、健康保険を使用するには「ある条件」を満たしていないと使用できません。例えば、膝の捻挫や挫傷といったケガに対して治療することを認められているのです。さらに期限も設けられています。ですから主に電気治療や温熱治療に加えて状態に応じて膝周りのマッサージなどを行います。膝の痛みだけを取り除きたい方に向いている治療法となります。

自費治療で可能な範囲

自費治療の場合は、治療範囲が限られていないため、膝以外に問題が起きていて結果的に膝の痛みを引き起こしていることも考えられます。そのような場合は自費治療となりますが、「何故腰の痛みが出てしまったのか?」「どのようにしたら膝に負担がかからなくなるのか?」などのアドバイスや痛みのセンサーに対しての治療が出来るので、根本的に改善したい方や慢性的に変形性膝関節症やO脚、膝の痛みを抱えている方に向いている治療法となります。

当院では根本治療を推奨しています。短期的に良くなってもダラダラと治療を続けることであなたにメリットはありません。時間もかかりますし、その分お金もかかります。
長期的にあなたにそのような思いをさせたくありません。ぜひ一度けやきの森整骨院の治療を体感してください。

電話でのお問い合わせやメールだけでの判断は出来ません。
一度来院されてから症状などを見させていただき保険が適用なのか?不適用なのかを判断させていただきますのでご了承ください。

ページトップへ戻る